長年使っていたインターネットの有線ケーブルが断線してしまいました。

現在使っているPCに無線LANが入っていない為、一時的に古いUSBアダプタを使ってネットに接続していました。

いくらWi-Fiルーターが高性能でも、古いタイプのUSBアダプタを使っていると接続が遅くて不安定なんですよ。

なにせWindowsXP・Vista用のUSBアダプタですから。

さすがにこの状態でネットを続けるのは耐えられないので、高性能なUSBアダプタを購入しました。




購入したのは PLANEX 無線LAN子機 GW-900D-BK です。

PLANEX GW-900D-BK

対応無線規格:11ac/n/a/g/b

通信速度(5GHz):866Mbps
通信速度(2.4GHz):300Mbps
アンテナ:内蔵アンテナ2本
インターフェース:USB3.0/2.0/1.1(TypeA)
外形寸法 (W)×(H)×(D)mm:約 26×10.6×80
重量:約 14.5g
消費電力:最大約 2.2W

 

GW-900D-BKのレビュー

ドライバインストール用のCO-ROMは附属しておりません。

ドライバはメーカーのサイトからダウンロードすることになります。

なので新規で無線に接続しようと考えている方は注意です。

 

設定はとても簡単です。

ドライバをインストールし、本製品をPCに接続すれば完了です。

 

使い心地は非常に快適です。速度は有線の時とほぼ変わりません。

PCをアクセスポイント化し、家族で同時にインターネットのコンテンツを高速・大容量で楽しむことも出来るようです。

私の家には既に高性能のWi-Fiルーターが設置されているので活用していませんが。

 

とにかく性能重視のモデルなので、無線LAN子機選びで迷ったらGW-900Dをおすすめします。