少し前にかほく市ママ課の独身税提案報道が炎上した件について。

初めは独身税提案について認めていなかったものの、最終的には「独身税」に相当する意見があったと認めました。

少子化対策で独身税導入なんて言語道断です。

そんなことしたらますます結婚できない人が増える、もしくは節税目当ての偽装結婚が増えるだけでしょう。



低所得の独身者を更なる貧困へ追い込むだけ

独身貴族を満喫したいからあえて結婚しない人も多いかもしれませんが、

「結婚したくても出来ない人」の多くは低所得者です。

結婚できない理由の1位が「経済的理由」なのに、独身税を設けて低所得者から更にお金を巻き上げれば、ますます結婚から遠ざかるに決まってます。

更に貧困は当事者の心も貧しくします。

「お金が無くても愛さえあれば良い」なんて幻想です。そもそも余裕が無ければ人を愛すことなんて出来ませんから。

「愛さえあれば~」なんて言ってる人は、じゃあ心に余裕が無く自分のことで精一杯な人間を愛せるのか?って話。

 

生活水準を落としたくないなら産まなければ良い

独身税は「私達は生活水準落としてまで子育てしているのに独身者はずるい!」という意見から提案されたもの。

でも結婚も出産も自分達が選んだ道ですよね。

自分で子供を産む選択をしておいて「子育てキツいから独身者から税金取って子育て支援を!」って虫が良すぎませんか?

ペットを飼い始めたけど育てられないから支援して!と言っているのと同じですよ。

結婚も出産も義務では無いのだから、生活水準を落としたくないなら産まなければ良いだけです。

え?子育て支援が無かったら少子化が加速する?

日本は人口過剰国だからむしろ減らすべきだし、過密状態で繁殖欲が失せるのは生物として正常なことです。

これからは労働力の機械化が進むし、少子化を問題視する必要はありません。

 

結婚しない自由・産まない自由・性的少数者の人権を侵害している

結婚に向いていないから結婚しない人もいるし、子供が欲しくないから生まない人もいるし、性的少数者故に結婚出来ない人もいます。(日本は同性婚が認められていない)

独身税はそういった人達の人権を侵害しています。まるで子供産まない=非国民みたいな扱い。

戦後じゃあるまいし、今は昔のように全員が結婚・子作りする必要の無い時代です。

高度経済成長期はとっくに終わっているのに「産めよ増やせよ」なんて時代錯誤も甚だしいです。