東京で持ち家住みの私ですが、仲間たちと新事業について話し合う度に、東京生活で不便に感じることが多くなってきました。(だからって都会を出る気はありませんが)

今回は都会暮らしの問題点について書いていきます。

なお、待機児童などの自分には関係無い問題はここには書きませんのであしからず。




 

無料で遊べる場所が少ない

辺にあった編まれた椅子

無料の公共施設でない限り、数人で集まる度に場所代がかかります。

とにかく無料で利用できる場所が少ないです。

公園ならいくらでもありますが。

友人を家に招けば金をかけずにワイワイ遊ぶこともできるけど、私は実家暮らしなので家に人を入れることは出来ないし…。

都会への移住を制限して大人版児童センターみたいな施設をもっと増やして欲しいものです。

ニートやフリーター達が気軽に遊べるように。

 

夏は凄く暑い

アスファルトで爆睡中の猫

真夏の都会の暑さは異常です。

南国とは暑さのレベルが違います。

こんな時期に都心に出かけるのは地獄です。

・・・まあ、慣れればどうということはないですけどね。

 

生活コストが高い

家賃・土地・物価などの生活コストが高すぎます。

幸い私は東京に持ち家があるので家賃は掛かりませんが、賃貸で暮らしている人はおそらく生きるだけでも精一杯でしょう。

家賃を払う為に上京して来ているようなものです。

結局、土地と財産を持っている者が勝ち組なのです。

 

人が多すぎて混雑している

東京渋谷スクランブル交差点

ハッハッ、見ろ!人がゴミのようだ!!ハッハッハッハッ!!

東京育ちの私ですら、都心に出かけると結構疲れます。

渋谷や池袋はまさに人がゴミのようですよ。

東京都はいい加減移住制限してくださいよ、マジで…。

何もかも東京に集中しすぎだっつーの。